基本のテクニック

【ハンドメイドの基本】Tピン・9ピンの曲げ方・丸め方

今回はTピン・9ピンの曲げ方・丸め方をご説明します。

ハンドメイドアクセサリーを作る上で必須のテクニックです。

この工程ができるだけでいろんなアクセサリーが作れますよ。

スターターセットだけでもかわいいアクセサリーができるので、ぜひチェックしてみてください!

Tピン

使用する工具とパーツ

工具

写真左から

・丸ヤットコ
・平ヤットコ
・ニッパー

丸ヤットコはピンを丸めるのに、平ヤットコはピンを曲げるのに、ニッパーはピンを切るのに使用します。

パーツ

写真の通り、Tの字をしているのでTピンという名前がついています。

今回はパールを使用しました。

ピンが通る大きさの穴が開いているパーツであれば何でも使用できます。

曲げ方

①パーツにTピンを通します。

②Tピンを根元から90度に曲げます。

曲げる時は、指で簡単に曲げられますが、ネイルをしていたり、爪が弱い方は傷がついてしまうことがあるので、平ヤットコを使って曲げます。

しかし、平ヤットコを使うとパーツに傷がついてしまうことがあるので、慎重に行ってください。

③7,8㎜の長さでカットします。

ここでカットする長さによって丸の大きさが決まります。

丸の大きさは、その時使う9ピンや丸カンの大きさと揃えるときれいな仕上がりになりますよ。

一般的には太いピンは8㎜、細いピンは7㎜でカットすると良いと言われています。

ここは練習して感覚をつかむのみです!

7,8㎜と言われても毎回定規で計るわけにはいきませんよね。
ここで便利なのが、自分の指先に7,8㎜の箇所を見つけておくことです!
私の場合、人差し指の爪の幅が8㎜なので、そこを目安にカットしています。

丸め方

①丸ヤットコでピンの先端を挟みます。

ここでは、手の向きが重要です。

手首を回して丸を作るので、スタートは手を反した状態になります。

②丸める

手首をひっくり返す様に矢印の方に丸めていきます。

途中で丸ヤットコを持ち直すことなく、いっきにやりましょう。

完成

9ピンの丸め方

使用する工具とパーツ

工具

丸ヤットコ、平ヤットコ、ニッパーの3つです。

パーツ

9の形をしているので9ピンです。そのまんま。

今回は説明のため、パーツは使用していませんが、

Tピン同様、ピンを通す穴さえあればどんなパーツでも使用できます。

曲げ方・丸め方

Tピン同様90度に曲げて、丸ヤットコで丸めていきます。

9ピンの場合、丸める向きに注意が必要です。

もともとついている丸とは反対方向に丸めていきます。

なので、最初に曲げる向きも気をつけましょう。

まとめ

ハンドメイドアクセサリーを作る上で、絶対に欠かせないテクニックです。

逆に、この工程だけでも金具やチャームを繋いでいけるので色々なアレンジが可能になります。

好みのチャームを探して早速アクセサリーを作ってみましょう!

*花*