基本のテクニック

【ハンドメイドアクセサリーの基本】チェーンの種類と使い方、チェーンを使ったデザインをご紹介

アクセサリーを作るにあたり、チェーンは欠かすことのできない素材です。

ですが、一口にチェーンと言っても種類は様々あり、チェーンの種類を変えることで作品全体のイメージも変わってきます。

今回はチェーンの種類と使い方についてご紹介します。

種類や特徴が分かるとデザインの幅も広がりますので、ぜひ最後までご覧ください!

チェーンの種類

基本の3種類のチェーン

構造別に3種類に分けられます。

あずきチェーン

(C)貴和製作所
構造

Cカンを繋げたような構造です。まっすぐにした時に、正面を向く輪と横を向く輪が出てきます。

特徴

輪の向きが違うことで軽く華奢な印象なのが特徴です。

また、向きがそれぞれ違うので、光の当たり方もそれぞれでキラキラした印象になります。

喜平(きへい)チェーン

(C)貴和製作所
構造

捻った輪を繋げてあり、正面の輪が連続しています。

特徴

正面の輪が連続しているため、重厚感のある印象です。

ボールチェーン

(C)貴和製作所
構造

名前の通り、ボールを繋げた構造です。

特徴

あずきチェーンよりもキラキラとしたポップな印象になります。

デザインチェーン

基本構造をアレンジしたものになります。

フィガロチェーン

(C)貴和製作所
(C)貴和製作所

大小様々な輪が繋がっていて、動きのあるエレガントな印象です。

構造は3種類ともありますが、一般的には喜平チェーンの構造のものが種類が多く揃っています。

ボックスチェーン(ベネチアンチェーン)

(C)貴和製作所

幅のあるボックス型の鎖が繋がって、滑らかで直線的な構造をしています。細いものはとてもしなやかな印象になっています。

スネークチェーン

(C)貴和製作所

形は様々ですが、同じ形が連なって蛇のような滑らかな動きをします。

チェーンの使い方

あずきチェーン・喜平チェーン

使う接続パーツは、丸カンやCカンです。

ピアスパーツに繋げることもできますし、留め具をつければネックレスやブレスレットが簡単にできます。

ボールチェーン

(C)貴和製作所

接続パーツは上の画像のVカップというものを使います。

チェーンを使ったデザイン

パーツを繋ぐ

チェーンによってパーツが揺れるので、まっすぐの接続パーツでつないだ時とはまた違った印象になりますよ。

カン(丸カンやチェーンを通す穴)が二つある場合は両サイドからチェーンでつなぐこともできます。

長いチェーンを使えばネックレスにもなりますね。

チェーンを垂らすように使う

チェーンを紐やリボンのように使うのもありです。



チェーンタッセルというものも売っています。

レースやリボンだとかわいくなりすぎてしまう時、メタリックな印象にしたい時におすすめです。

9ピンを繋いで

パールを9ピンで繋いでチェーンのようなデザインにしています。

このデザインは、細い喜平チェーンとビジューチェーン、9ピンで繋いだチェーンを使ってパールをジャラジャラつけてみました。

まとめ

チェーンの種類を変えるだけでアクセサリーの印象も変わってきます。

ボックスチェーンやスネークチェーンなどのデザインチェーンは、そのもののデザイン性が高いので、

チャームをつけずチェーンだけでもおしゃれなアクセサリーになります。

ピアスに使うと、チャームが揺れて華やかな印象になりますよ。

ぜひ試してみてください!

*花*